counter

kibhenの日記

開設当初は気分変調性障害(慢性うつ)について書く予定でしたが、雑記になっています。スピリチュアル、フィギュアスケート、カラー・骨格診断の記事が今のところ多め。

続・精神疾患とヒーリングについて

以前一度、精神疾患とヒーリングについての記事をここで書いたと思うんだけど(そしてそれを読まずに書くんだけどw)

 

精神疾患を理由に受けられないヒーリングやそのクラスがあるが、クラスを受けてみたいし精神疾患の人が受けられない理由を知りたいので講師の方に問い合わせてみようかと思っている、という内容だったかと思う(多分)

 

で。

結論:それらは私には不要

 

あっ、disってるんじゃないですよ!念のためw

その頃も、気になるけどもしかして縁がないってことなのかなーという気はしてた。

 

で、元々5年くらい前かな、まず西洋レイキのアチューンメントを受け、2年くらい前にアクセスバーズクラスとファンデーション、それから多次元キネシオロジー、直傳靈氣と学んできて思ったのは、

「何らかの理由で受けられないものは、自分にとって不要」ということ。

タイミングや満席なら待ってりゃいいけど、「精神疾患で通院中・過去に服薬してたことがあるとNG」とかもうどうしようもないわけで。

それが本当に縁がなかった、ということなんだなと思った。

 

反面前に列挙した、今まで私が学んできたものはどれも特に精神疾患者について制約や注意書がなく、

というかいいなと思ったヒーリングがたまたまそういう制約を設けておられず、またそういう制約がないことを一応確認してクラスを受けてきたんだけど、

結果どれも私にとってベストで必要なものであり、とても満足している。

本当に、出会うべくして出会うものなんだなー、と。

 

それで、前の記事に書いた「問い合わせてみようと思っている」とかすっからかんに忘れてしまってました…(^_^;)

 

 

ヒーリングしてるところ・教えてるところなんて1つだけじゃないし。

精神疾患の人お断り、にもきっと理由があると思うし。

お断りしてないとこに出会ったら良いだけの話で、そしたら安心して受けられるし。

何より精神疾患になる人って生真面目な人が多いと思うので、黙って受けるとかしんどいだろうし、安心して受けたいかなって。

(実は一度、精神疾患の方ご遠慮くださいの注意書に気付かず、受けてから改めてそこのHP読んでて気付いて、どどどどうしよう良かったのかな…スミマセンorzてなった)

 

あとね、受講料が高いと感じたりするのも、やめておけのサインというか、

もっとシンプルに、自分がその施術やセミナーに、その値段だけの価値を感じてない可能性があるので無理しないで撤退OKだと思う。

もちろん価値を感じてないあなたが悪いわけではない。向こうの値段設定が高すぎるわけでもない。単に合わなかっただけ。

無理して受けてもなんか合わなかったりさ…(遠い目)

逆に、合ってるものご縁があるものは、値段聞いても丁度だなーとか、むしろやっす!って感覚になる、気がする。

 

実はヒーリングを仕事としてやってみようかなと思ってるんだけど、今まで習ってきたことをベースにするので、勿論精神疾患の方お断りにはしないつもり…というかしません。

ていうか私も精神疾患者の1人ですし(^_^;)

今すぐというわけじゃないけど、固まったらまたお知らせしますね。

 

めっちゃ放置中のブログですが、最後まで読んでいただきありがとうございました!

今でも少なくない数の方が見に来て下さって、本当にしみじみ感謝しかないです。