counter
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kibhenの日記

開設当初は気分変調性障害(慢性うつ)について書く予定でしたが、雑記になっています。スピリチュアル、フィギュアスケート、カラー・骨格診断の記事が今のところ多め。

節分:今日の眠気も異常

スピ

また仕事中に数回意識飛びましたよ…

コーヒーと紅茶合わせて3杯は飲んだんだけど。

 

なんか、変化のときには眠気が強烈に襲ってくるらしいですね。

冬至と同じ、一年を8分割した節目の日なので、

同じような体調になっても不思議じゃないのかも。

今日こそ早く寝よう…って毎日思ってるんですけど(^_^;)

 

明日から春だと思うと嬉しい!

明日晴れるみたいなんで、今度は日光浴10分してみる。

 

ああ、あと運動もしよう。

冬はどうしても日照時間ガーとか言ってたけど、

運動でもセロトニンの総量を増やせることを最近聞いて。

タンパク質と日照時間だけじゃなかったんだ…!

どうして運動が良いのか、という理由を聞けたので、いよいよ重い腰を上げられそうですw

 

私は凄い運動音痴で、子供の頃に主に体育の授業や運動会で本当に悲しい思いをしてきたので、

もう運動と聞くだけで引くというか、はっきり言って運動アレルギーなんですけど…

セロトニンの総量を増やせると聞いた瞬間、人生で初めて運動しようと思いましたw

 

今までも、運動が良いとは言われてたんだけど、理由をここまで聞けたのは初めてだったと思う。

これだけ苦手意識のあることをする時には、相当の理由があって、納得できないとね。

 

「やっぱり運動が良いですよ」だけじゃできるわけなかった。

ただ「勉強しろ」とだけ言われても無理だったように。

勉強したら良い学校に入れて、そしたら良い会社に入れる、と言われても、で?としか。

私頑固なんですかね。納得しないとほんと動けないよ。

 

そうそう、抗うつ薬は、セロトニンの再取り込みを阻害するなどして、「見かけのセロトニン量を減らさない」という形で効くんだけど、

そもそもそのセロトニンの総量を増やすことができれば、「見かけのセロトニン量を減らさない」ということをしなくてもよい、つまり抗うつ薬を減らしていけるんだと。

そのセロトニン総量を増やす手段が、栄養(主にタンパク質)、運動、日光、とのこと。

 

そうだったんだ…!

そんなこととはつゆ知らず、動かざること山の如しだった。

とりあえず踏み台昇降しよ。

 

広告を非表示にする