counter
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kibhenの日記

開設当初は気分変調性障害(慢性うつ)について書く予定でしたが、雑記になっています。スピリチュアル、フィギュアスケート、カラー・骨格診断の記事が今のところ多め。

夢と挫折と気分変調性障害

気分変調性障害 心理 スピ HSP

今週末は色々楽しいことをしました。

 

フラワーオブライフを描いてみたり。

 

f:id:kibhen:20170205223144j:image

f:id:kibhen:20170205223239j:image

 

フラワーオブライフはなぜか金色のイメージがあるんですけど、金色の画材がなかったので銀色で。

色は顔彩。使ってみたくて何年も前に買ったんだけど放置してた。胡粉にカビ生えてましたw

 

 

あとなぜか急に鯉を描きたくなったw

左の子のヒゲが長いのはご愛嬌ですw

 

f:id:kibhen:20170205223552j:image

 

なんで鯉?自分でも本当に意味不明なんですけど…

この本に空気呼吸する魚みたいなのが出てきたからかなー。

まだちょっとしか読んでないけど、面白いです。ぶっ飛んでるけどw

 

フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第1巻〉

フラワー・オブ・ライフ―古代神聖幾何学の秘密〈第1巻〉

  • 作者: ドランヴァロメルキゼデク,Drunvalo Melchizedek,脇坂りん
  • 出版社/メーカー: ナチュラルスピリット
  • 発売日: 2001/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 8回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 

 

最近、水彩のにじみって良いなーと思ってて。

 

昔絵を描いてたときは、まず線が先だったんです。

マンガ絵的なイラストを描いてたんで。

 

それが、なんか上手く描けなかった。

自分に課す水準が高すぎるのもあったと思うんですけど(^_^;)

昨日くらいにいきなり、まず色を置いてみたらどうだろう?と思いついて。

今までそんな描き方したことなかったんですが。

で、今日やってみたのが先ほどの鯉さんです。

 

なんていうか、絵ってもっと自由に描いて良かったんだなー、みたいな…

 

本当は昔、絵を仕事にしたいと思ってました。中学生くらいのときかな。
その頃一番枚数描いてたと思うし、上達速かったんですよね。
ただ、高校受験のため絵禁になりまして(^_^;)

 

ものすごく飽きっぽいこともあり、一旦その頃の絵ブームは終わるんですが、その後数年に一度発症することになります。

ていうか画材をそのタイミングで買って、また数年使わないからカビ生えるんですけどw

 

 

今までの私の人生観全てに言えることなんですけど、

例えば絵だったら、デッサン狂ってるとかパース変とか線がきれいに描けないとか背景が描けないとかそもそも女の子しか描けないとか…

自分ができてないところばかり目についてました。

 

HSPの本に出てきたんだけど、自分への要求水準が高すぎるっていうの。

 

 

 

鈍感な世界に生きる 敏感な人たち

鈍感な世界に生きる 敏感な人たち

 

 

 

 

しかも仕事にするんならなおさら、こんなんじゃダメってなって。

描くたびに自分の絵に失望してました。

何年も経ってから見ると、そんなにひどくなくね?ってなるんですけど(^_^;)

 

あの時は、絵の仕事っていうものに「圧倒」されてたんだなー。

正に気分変調性障害の症状が出てる感じ。

「完璧」に描けないと絵の仕事なんてできない、と思ってた。

プロの方を見てても、結構あれ?とか思うことあるんで、意外と大丈夫なのかもしれないけど(^_^;)

 

なんかやっぱ、人生は厳しいとか、厳しいこと言われるんだとか、

他の人は厳しいこと言われてもちゃんと頑張れるんだろうけど私は無理、

でも厳しいこと言われても食いつけるようじゃないとプロなんて、

そもそも厳しいこと言われてヘコむ私ヘタレすぎ…という方向に、思考が行っちゃってたんですね。

 

絵の仕事というものに、憧れてたけど、本当に本当に怖かった。

私にとって、大きすぎました。

その感じ方、この本に書いてあることそのままです。

 

 

対人関係療法でなおす 気分変調性障害

対人関係療法でなおす 気分変調性障害

 

 

これは私にとって本当に大事な本なので、何回でも貼りますw

 

今だったら、それが病気によるものだったんだってわかるんですけどねー。

まさか自分がそんな病気だなんて、そもそもそんな病気が世の中にあるなんて思いもしなかったもんね…

 

もし今、挫折感や、自己評価の低さに苦しんでる人がいたら、

それはあなたの能力の低さが原因ではないかもしれません。

病気の症状かもしれないし、ジャッジメントする癖のためかもしれない。

 

他にも、家族や周りの人たちに刷り込まれてきたことだったり、

あるいは、自分が傷つかないように今まで守ってくれてきた考えかも。

色々考えられるので、自分を責めすぎるのはもうやめていいよ。

 

あー、今、誰かにこうやって伝えることで、私の人生の挫折が、成仏してくれた気がしましたw