counter
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kibhenの日記

開設当初は気分変調性障害(慢性うつ)について書く予定でしたが、雑記になっています。スピリチュアル、フィギュアスケート、カラー・骨格診断の記事が今のところ多め。

台湾に行ってきました!

うお!3ヶ月近く放置していたんですね(^^;

 

以前書いたこの記事

http://b.hatena.ne.jp/entry/http://kibhen.hatenablog.com/entry/2016/12/16/191234

 

叶いました!

 

f:id:kibhen:20170505002539j:image

九份

 

叶いましたってか、パスポート作って予約して行くだけだったんですが・・・

あまりにも海外旅行の経験がなさすぎて、勝手にハードルすげー高いと思ってました。

 

国内旅行と違うのは、パスポートと海外旅行保険だけ。

あとWi−Fi!これは保険の次にやっとくべきでした・・・

 

ていうか空港でWi−Fiレンタル見たんだけど、予約してないから無理なのかなーと思ってスルーしてしまった。

一言、予約してないけどいいですか?って聞いてみたらよかったな。

今なら聞けるんだけどw

台湾に着いた当日は、もうあっぷあっぷでしたからねー・・・

 

 

で、台湾。

控えめに言って、最高。

 

f:id:kibhen:20170505002945j:image

着陸前、台湾キター!の瞬間w

 

いやもうね・・・皆さんなんでそんなに日本語できるんですか?

なんでそんなに親切なんですか?

女の子、なんでそんなに可愛いんですか?

なんでそんなに美しいところなんですか?

なんでそんなに食べ物おいしいんですか?

なんでなんで(混乱)

 

・・・実は、ありがたすぎてホテルでちょっと泣きました(^^;

想像もしてなかったくらい良いところでした。

帰ってきたばかりなのに、もう次に行く時のこと考えてますw

 

 

中国語は你好と謝謝くらいしかわからない、英語もそんなにできるわけでもない。

それでなんの不自由もなく、それも海外旅行ド初心者の女一人で、これだけ安全に快適に旅行できるところが他にあるでしょうか。

なんか、根拠はないんだけど、なぜか何とかなる感じしかしなかったです。

 

f:id:kibhen:20170505010202j:image

台北101

 

実はこれから3ヶ月に1度、7〜10日ほど行こうかと。

西洋占星術にリロケーションという技法があり、3ヶ月に1度、1週間からできれば10日ほどの滞在をすることで、

「その土地にいるときのホロスコープになる」らしい?

正直、観てもらっただけなので、私はよくわかってないのですが(^^;

気学の祐気取りみたいなもんなのかなと思ってます。

あ、そのリロケーションで行くところ、台湾が最高だと鑑定してもらったのです。

 

確かに、日本にいる時とは違う感じなんですよ・・・!

明らかに違う自分。

 

例えば普段は人が怖くて、人とできるだけ話さなかったりするんですが、

台湾ではお店などに入ったらまず挨拶できるし、人と話せる・・・!

 

これは「海外では、お店に入ったときに挨拶しないのは非常識」という記事を何かで見たからと、

あと聞かないとあかん場面に遭遇するから、というのがあるんですが。

日本にいるときよりオープンで、何でもやってみたりして。なんだか別の人になったみたいな…いや、今までがちょっとアレだったのか?

人の目が気になりすぎる感じや、閉塞感が薄かった。

 

 

あとなんかわからんけど異様にツイてるという感じや、何を見てもなんだか良い感じがしてました。

ホテルの窓の外に可愛い公園が見えたり、部屋番号がなんかすごかったり、景色がきれいだったり、おみくじがめっちゃ良かったり、行く先々で可愛い子供や女の子を見たりw

他にも色々。というか全てのことに感謝してた。

 

f:id:kibhen:20170505003954j:image

いちいち素敵。

 

 

あとは・・・大げさに言うと、これが次元上昇ってやつ?と思うことがあり。

一見悪いように見えることがあっても、これは何か意味があるのかな、と普通に感じるようになったんです。

あまりそれ自体について「良い」「悪い」とか判断することがなかったというか・・・

さっき「良いところ」とか書いたのにw

これはちょっとまだなんて言ったらいいのか。

 

リロケーションの効果なのか、台湾が神だからなのかはわかりませんが(多分どっちも)、本当に良い旅でした。

 

まず英語と中国語、台湾語も少しやりたくなりました。

正直英語は実用面で、なのですが、中国語には純粋に憧れがあります。音の美しさとかね!

台湾語は挨拶くらいはできるようになりたいなぁ。